トップページ > てまりってなあに?

てまりってなあに?
 

てまりってなあに?

 
糸や紙、現代では発泡スチロールなどを芯にして、さまざまな糸を使って、幾何学模様をかがる、ハンドメイドのまり。ゴムやプラスチックのないころは、こどもも大人も遊びに使う一方、糸の色を変えたり、かがり方に工夫を凝らして、ひとつ作るのに何10時間もかけるような芸術品が生まれるようになりました。

千年以上の歴史を持つ日本の伝統文化の一つ、全国それぞれの地方独特の作り方、デザインのものが女性の手によって受け継がれてきました。

たとえば、本荘ごてんまり(秋田県)、栃尾てまり(新潟県)、野州てんまり(栃木県)、紀州御殿まり(和歌山)、讃岐かがりてまり(香川県)、秋月まり(福岡県甘木市)、金助まり(鹿児島県)、琉球まり(沖縄県)や信州のてまり(長野県)などが有名です。
 
 

てまりのつくり方

 
準備する材料と用具
 
1.材料
(1) 基礎まりの基になる素材
  発泡スチロールの球、くだもの用緩衝ネット、パンヤ、毛糸のくず、綿やゼンマイの綿などの他、軽くて弾力性のあるものなら何でもかまいません。
 
(2)
  ・基礎まり作成のために巻く糸:木綿糸、毛繊の極細毛糸等
・かがり用糸:刺繍糸や織物用糸その他様々な用途の糸
 
 
2.用具
ハサミ、針(待針、刺繍糸、布団針等)、紙テープ、メジャー等
 
 
基礎まりが出来るまで
 
1.基礎になるまりを作ります。①〜④
 
基礎まりが出来るまで
 
 
2. 糸で模様をかがるために、基礎になるまりの表面に一定の法則(4等分、6等分、8等分など)に従って、分割線を引きます。
 
基礎まりが出来るまで
 
 
菊の花の基本的な模様の作り方
 

トップページへ戻る